Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “澄んだ泉のほとりで”

f:id:soundgallery:20161107125902j:plain

NANA MOUSKOURI “澄んだ泉のほとりで”

写真上は、アルバム・タイトルアヴェ・マリア~母と子のアリア/ナナ・ムスクーリPHILIPS 28PP-136 1987)の邦盤LPの表面、写真下はその裏面です。本LPは、ナナが過去に録音したイギリス、フランス、スペインの民謡や古くから伝わるクラシカル・アリアの名曲13篇を集めたナナのベスト・アルバムです。ナナの名唱が、やすらぎと愛を伝えてくれます。

f:id:soundgallery:20161107125918j:plain

澄んだ泉のほとりで

今回は、本LPに収められている≪澄んだ泉のほとりで≫を紹介致します。この曲は、日本でも邦題名≪清らかな泉のそばで/澄んだ泉にて≫等で知られている民謡です。もともとはフランス領であったカナダのケベック発祥の歌と言われていますが、フランス本土に伝わり、革命当時から歌い継がれてきたという作者不詳の古いフランス民謡です。また、男性が主人公の時の歌詞、女性が主人公の時の歌詞など数バージョンがあるようです。ナナは、ジョルジュ・ペツィラスの編曲、ジ・アテニアンズの伴奏で、心を込めて唄います。

澄んだ泉のほとりで A LA CLAIRE FONTAINE

きれいな泉へ
散歩に行くと
水は透きとおっていて
私は水浴びをした
貴方を愛したのは 昔のこと
決して貴方を忘れないわ


樫の葉陰で
身体を乾かした
一番高い枝で
ナイチンゲールが鳴いていた
貴方を愛したのは 昔のこと
決して貴方を忘れないわ


歌いなさい ナイチンゲール 歌いなさい
お前は陽気な心を持っているから
お前の心は 笑い出しそうなんだから
私の心は 泣き出しそう
貴方を愛したのは 昔のこと
決して貴方を忘れないわ


それは 友達のピエールのせい
もう私を愛してくれないから
だって バラのつぼみを
私が 受け取らなかったから
貴方を愛したのは 昔のこと
決して貴方を忘れないわ


友達を失ったの
私が彼にあたいしないので
だってバラのつぼみを
私が受け取らなかったから
貴方を愛したのは 昔のこと
決して貴方を忘れないわ

長い時の流れの中を生き残って来た古謡には、聴く人一人一人がそれぞれの物語を持っているものです。ナナは素直な演唱に何とも言えない情感を漂わせて唄ってくれます。

NANA MOUSKOURI “哀れなリュトブーフ”

f:id:soundgallery:20161024120209j:plain

NANA MOUSKOURI “哀れなリュトブーフ”

写真は、アルバム・タイトルナナ・ムスクーリシャンソン・アルバム≫(FONTANA SFX-6003 1974)の邦盤LPの表面です。本LPは、ナナがパリを拠点として活動する中で、シャンソンを数多く取り上げておりますが、その中から名曲・名唱を集めて編集された1枚です。彼女ならではの美しい演唱に、シャンソンの魅力を再発見する事が出来ます。

哀れなリュトブーフ

今回は、本LPに収められている≪哀れなリュトブーフ≫を紹介致します。この曲は、中世の吟遊詩人リュトブーフ(リュトブフ)の詩に、<パリ・カナイユ>等で知られるレオ・フェレが1956年に作曲した一篇で、レオ・フェレをはじめ多くの歌手によって歌われています。リュトブーフは、13世紀後半の人で、パリで貧窮のうちに放浪生活を続け、庇護者を求めての惨めな生涯を送り、絶望や悲惨さを詩に書き綴りました。ナナは、ジョルジュ・ペツィラスのギター・ソロを伴奏に、しみじみと唄います。

哀れなリュトブーフ PAUVRE RUTEBEUF

あの友人達は どうなったのだろう
あんなに身近に付き合い
とても好きだった友人達は
みんなバラバラになってしまったの
風がそうさせたのね
愛は死んでしまった
風がみんなを連れ去ったんだわ
風は私の扉の前を吹いて
彼等を連れて行ってしまったの


時がたって 木々が裸になる時
もう 地面に落ちるだけの
白い葉しか残ってない時
貧しさに打ちひしがれ
あちこちで いさかいをする
冬の話は
聞かせる様なもんじゃない
どんなに 恥ずかしさを感じた事か
どんなに


あの友人達は どうなったのだろう
みんなに身近に付き合い
とても好きだった友人達は
みんなバラバラになってしまったの
風がそうさせたのね
愛は死んでしまった
悪いことばかりじゃなかったけれど
来るべきものは
みんな来たわ


悲しい苦しみ 悲しい思い出
栄光の神が 私にくれたものはそれ
そして僅かばかりの年金
それに北風が吹く時の ひどい仕打ち
風はやって来て 私に吹きさらす
愛は死んでしまった
風は友人達を 連れ去ってしまったの
私の扉の前を吹いて
連れて行ってしまったの


明日にかける希望こそが
私の喜び

ナナは、放浪の吟遊詩人リュトブーフの旅の哀れを、しみじみとした味わいも格別に聞かせてくれます。原曲の味を損なわずに、現代風のセンスの良い控えめな演唱が聞きものです。

NANA MOUSKOURI “紙の月”

f:id:soundgallery:20161010140748j:plain

NANA MOUSKOURI “紙の月”

写真上は、アルバム・タイトル≪MES PLUS BELLES CHANSONS GRECQUES≫(FONTANA 6399 020 1963 FRANCE≫の洋盤LP表面で、写真下はアルバム・タイトルナナ・ムスクーリギリシャを歌う》(FONTANA SFX-6004 1974)の邦盤LP表面です。本LPは、ナナがその本領を発揮した、記念すべき素晴らしいアルバムです。彼女が唄うのは生まれ故郷ギリシャの歌で、しかも作曲者はギリシャの2大作曲家であるマノス・ハジダキスとミキス・テオドラキスの作品が収められています。

f:id:soundgallery:20161010140855j:plain

紙の月

今回は、本LPに収められている≪紙の月(ハルティノ・ト・フエンガラキ)≫を紹介致します。この曲は、ナナの恩人であるマノス・ハジダキスが作曲し、N.ガトソスが作詞したギリシャの歌で、ギリシャ語で唄われています。彼女の古くからのレパートリーであり、十八番の一つとなっています。神秘的でエキゾチックなメロディーは、美しくも悲しく、何とも言えない魅力を持っています。この曲の歌詞は、2種類のバージョンがあるようで、以下に併記しております。その1は初期の、その2は後期のバージョンと思われます。(対訳者が異なるためか、多少歌詞表現に差がみられます。)

紙の月 HARTINO TO FEGARAKI (その1)

白金の風と一緒に 海が鳥を運んで来る時
貴方の髪をなでて 貴方の手にキッスします
紙で作った月は 浜辺に落ちて
もし 貴方が私をもっと信じてくれるのなら
すべての事が本当になるのよ


貴方の愛が無かったなら 時間も早く過ぎてしまいます
貴方の愛が無かったなら この世はもっとにがくてつらい
紙で作った月は 浜辺に落ちて
もし 貴方が私をもっと信じてくれるのなら
すべての事が本当になるのよ


貴方の愛が無かったなら 時間も早く過ぎてしまいます
貴方の愛が無かったなら この世はもっとにがくてつらい

紙の月 HARTION TO FENGARAKI (その2)

紙で出来たお月さま
想像の世界の水辺
でも 貴方が私のことを 少しでも信じたら
すべてが現実となれるのに・・・・


貴方の愛が無いと 時間は早く過ぎ
貴方の愛が無いと 世界は小さくなってしまう
紙で出来たお月さま
そして 想像の世界の水辺
もし 貴方が私のことを 少しでも信じてくれたら
すべてが現実となるのに・・・・


貴方の愛が無いと 時間は早く過ぎ
貴方の愛が無いと 世界は小さくなってしまう

ナナの唄声は心暖まるヒューマニティにあふれており、その曲調に合わせたやさしい愛情のこもった名唱を聴く事が出来ます。