読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI との出会い

Nana Mouskouri の軌跡

f:id:soundgallery:20121122190330j:plain

本日の記事である当ブログNana Mouskouri の軌跡」のカテゴリーでは、Sound Galleryの店舗ページで公開しているNana Mouskouriの紹介記事をブログに転載しています。もし宜しければ店舗ページもご覧ください!

NANA MOUSKOURI との出会い

ナナ・ムスクーリに初めて出会ったのは、沖縄に単身赴任をしていた1998年頃のことで、沖縄の中古CD販売店にてメガネを掛けた淑女が、当方に微笑みかけている写真が気に入って買ったものでした。音楽を聞いて、心安らぐものを感じ、当方の収集癖も手伝って、彼女のLP/EP/CDを集めては聴きまくっていくことになりました。

当方が、彼女に出会った1998年は、既にLP/EPレコードは廃盤となってしまっており、中古レコード店にてタマタマ出回っている在庫がある場合にしか、入手出来ない状況でした。レコード店のマスターに、彼女のレコードを集めていると告げると、よく笑われたものでした。JAZZやROCKの名盤であればいざ知らず、中古レコード界では彼女のレコードは、あまり評価される物ではありませんでした。 

 

レコード・CD収集の日々

このため、仕事上の出張の度に全国の中古レコード店を、会社の仕事が早く終わった時には関東地区の中古レコード店を漁り歩く毎日が続くことになりました。また、海外より買付をしているレコード店のマスターに頼み込んで、彼女のレコードの買い付けをお願いして収集に当たりましたが、新たなレコードの入手は困難な状況となりました。 

彼女の歌声は、当方のサラリーマン生活や私生活でのいろいろなストレスや悩みを癒してくれる“天使の歌声”でした。彼女の存在と歌声は、当方に生きる力を与えてくれるものでもありました。一人でも多くの方に、彼女の存在と彼女の歌を聴く機会に巡り会うことが出来、今を生きる力になればとの思いで、彼女について取り纏めてみることにしました。

ナナ・ムスクーリについての記載に当たっては、初期に発売されたLPレコードの解説を主に参考にしております。いろいろな方がいろいろな事を言っておられますので、当方の独断と偏見で纏めております。最近の情報については、彼女の手記(日本語訳は無し)やインター・ネットで紹介されておりますので、そちらを参考にして下さい。 

当方が収集したLP/EP/CDについては、店舗ページのデータ・ベースを御覧下さい。収集したレコード等やその存在が確認出来る資料をもとに作成しております。彼女の歌は、世界各国で作成・販売されておりますので、当方のデータ・ベースはほんの一部にすぎません。記載されていないLP/EP/CDを知りたい方は、インター・ネットで御探し下さい。