読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI=アテネの白いバラ

f:id:soundgallery:20130222175444j:plain

NANA MOUSKOURI=アテネの白いバラ

フォンタナ・レコードから<ナポリに帰りて>の後に発売された第2弾で、ドイツにて大ヒットしたドイツ語盤EPです。写真を見てお判りのとおり“白いバラ”ではなく“白いばら”と訳されており、少し時代を感じます。ドイツでは、1961年8月にFontana 261 264 TFで発売され驚異的なヒットとなり、一躍その名がヨーロッパ中に広まりました。

本盤に収められている「アテネの白いばら」も「アディオ」もマノス・ハジダキスが音楽を担当したギリシャ映画「憧れの夢の国」のサウンド・トラックよりの音楽で、NANAが歌うこの主題歌は、映画の素晴らしい背景音楽として成功していると評判でしたが、残念ながら日本では未公開だったようです。

1969年1月13日、NANAはパリのオランピア劇場でコンサートを開きましたが、お別れのナンバーとしてNANAの代表作といえる「アテネの白いバラ」を以下のように紹介しております。

 

【 解説 】アテネの白いバラ

ここで私は皆さんに、私がギリシャから来ました時に一緒に持ってきました数多いいすぐれた曲の中から、一つを選んでお聴き願いたいと思います。思えばこの曲は、私にいろいろと幸運をもたらしてくれました。いわばパスポートみたいに、今日私がこうして歌手としてのキャリアを持ちつづけるのに、大いに役立ってくれたと思っています。この唄は、多くの国で歌われていますので、皆様も御存じかも知れません。ドイツ語では・・・・、英語では・・・・、イタリア語では・・・・、それからフランス語の歌詞を想い出して下さったら。こんなに大勢の皆さんがいらっしゃるのですから、私と一緒に歌って下さいませんか・・・

 

ニュウエルとブレイヤーの英語歌詞による“WHITE ROSE OF ATHENS”が一般的ですが、コンサートではフランク・ジュラールによるフランス語歌詞で歌われました。

 

アテネの白いバラ ROSES BLANCHES DE CORFOU

コルフー島の白いバラ

白いバラ、白いバラ

毎晩私はあなたのことを考えて

コルフー島の白いバラ

 

どうして船は出発しなければならないの

太陽はまだ青い空の上

私達は楽しい時を過ごしているのに

どうして別れなければならないの

 

あなたの香りはとても甘い とくに明け方は・・・

でも私はあなたから遠く離れて

コルフー島の白いバラ

あなたのことを思っている

あなたのことを思っている

あなたのことを思っている

曲が終わっても人々は席を立とうとせず、熱狂的な拍手がオランピア劇場にこだまして、いつまでも鳴りやまなかったそうです。

 

蛇足ではありますが、フランス語歌詞は、ギリシャの叙事詩であるホメーロスオデュッセイアを思い出させます。主人公オデュッセウスがトロイア戦争からの帰途、立ち寄った島がスケリア島である。(現在のケルキラ島{コルフー島/コルフ島}であると言われている。)

ポセイドーンの怒りに触れ、スケリア島の海岸に漂着したところを、島の王女であるナウシカアーに助けられる。オデュッセウスを見た島の王アルキノオスは、彼がこのまま島に留まりナウシカアーを妻にしてくれればと願う。また、ナウシカアーも彼に好意以上の気持ちを抱く。しかし、彼は妻が待つ故郷へ帰りたがっているのを知ったナウシカアーは、彼を船に乗せ送り出す。別れに際して、ナウシカアーは彼に国に帰っても、いつか自分のことを思い出して欲しいと告げる・・・・・

以上は、当方の勝手な推測であります。歌詞の背景の思いについては、フランク・ジュラールに聞いてみないと分かりません。

 

スタジオ・ジブリ作品風の谷のナウシカのヒロインであるナウシカの名は、ナウシカアーから付けられています。