読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “オーバー・アンド・オーバー”

f:id:soundgallery:20140109162307j:plain

NANA MOUSKOURI “オーバー・アンド・オーバー”

写真上は、アルバム・タイトル≪オーバー・アンド・オーバー(OVER & OVER /NANA MOUSKOURI)≫(FONTANA SFX-7354 1971?)のLP表面です。1971年、イギリスのブリティッシュ・ミュージック・リサーチ・ビューローが発表したアルバム・セラーのランク1位を占め、ヨーロッパでの人気を独占していた頃に日本で発売されたLPです。

写真下は、アルバム・タイトルナナ・ムスクーリゴールド・ディスク(PHILIPS FDX-244 1976)のLP表面です。このアルバムは、NANAが母国ギリシャをはじめ、アメリカ、オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギーの諸国で、総計35枚のゴールド・ディスクを受けたことを記念して、フランス・フィリップス社が、NANAのレパートリーから12曲を選び出し、フランス語の歌詞により制作されたLPです。

f:id:soundgallery:20140109162403j:plain

今回は、本LPに収められている“オーバー・アンド・オーバー”について紹介致します。この曲は、1969年にイギリスのヒット・チャートを賑わせたNANAのヒット曲です。もともとは、フォークロール(ロシア系ユダヤ民謡『トゥンバラライカ(Tumbalalaika)』)だった曲を、ジ・アテニアンズのジョルジュ・ペツィラスがアレンジし、英語歌詞(OVER & OVER)はフェネルとチャップマンが、仏語歌詞(ROULE, S’ENROULE)はミッシェル・ジュルダンが書いています。NANAの歌としては、英語歌詞の曲が一般的に知られていますが、ここでは趣のある仏語歌詞を紹介致します。また、原曲である“トゥンバラライカバラライカは、ロシアの代表的な弦楽器のひとつであり、トゥンは英語で言うPlayを意味しており、バラライカが奏でる素朴な民謡です。

トゥンバラライカ Tumbalalaika (水野信男著「ユダヤ音楽の歴史と現代」より)

彼;雨が降らなくても育つものは何?

  いつまで経っても燃え尽きないものは何?

  涙を流さずに泣けるものは何?

 

彼女;雨が降らなくても育つもの それは石

   いつまでも燃え尽きないもの それは愛

   涙を流さずに泣けるもの それは心です

 

トゥンバラ、トゥンバラ、トゥンバラライカ

オーバー・アンド・オーバー ROULE, S’ENROULE

この輝かしい朝は 二人だけの愛の朝

そしてこの時 私の心はこんなにときめく

あなたを見つめ あなたを見あきず

私は熱っぽく 世界の果てまでいってしまう

 

二人の幸せは一つになり 私は信じつづける

それしか出来ない

二人の運命が やさしくからまり合って

どこまでも どこまでも 進んで行くのを

あの日は 私達二人だけの日

私はそっと目を閉じて

私がそっと目を閉じて 他の誰よりも優しく

唄ってくれるあなたの唄に 耳傾けた日は

 

お日様は 静かに沈み

風はふと止んで しじまを作り

風はやさしくあなたの耳に

美しい唄を送りとどける

オーバー・アンド・オーバーはNANAの極めつきのナンバーだけに、伸び伸びとした演唱が楽しめます。数多くのゴールド・ディスクを受けたNANAは、天性の美声だけでなく、人知れぬ努力と精進なくしては、この栄光を勝ち取ることは出来なかったと思います。また、原曲のトゥンバラライカもとても味わいのある民謡ですので、一度お聴きになっては如何でしょうか。