読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “エリーナ”

 

f:id:soundgallery:20140512123803j:plain

NANA MOUSKOURI “エリーナ”

写真上は、アルバム・タイトルNANA MOUSKOURI BRITISH CONCERT≫(FONTANA 6651 003 1972)の洋盤LPの表面です。写真下は、コンサートでのスナップ写真の数々です。本コンサートでの実況録音のデータが揃っていないため、詳細は不明ですが、イギリスのニュー・キャッスル、シェフィールド、ポーツマスのコンサートの模様が収録されております。NANAのイギリスにおける人気の程が、スゴイ拍手喝采に現れております。(日本で発売された同邦盤LPについては、以前に当ブログにて紹介致しました。)

f:id:soundgallery:20140512124335j:plain

今回は、本コンサートの中で唄われております、“エリーナ”について紹介致します。タイトル名の“エリーナ”は、英語の“アイリーン”に当たる娘の名です。ジョージ・ペトシラス作による郷土色豊かなギリシャの歌で、NANAの古くからの十八番です。エリーナは少し足りないけれどもナイーブな女の子、いつも木陰で可愛い男の子を待っています。母親は心配して、“そんなことばかりしていたら売れ残りますよ”と娘をさとします。男の子と遊び回っている彼女の姿が、ユーモラスに唄われています。

f:id:soundgallery:20140512123830j:plain

ナナ・ムスクーリによる“エリーナ”の紹介

(話の合いの手に、アテニアンズのメンバーが、いろんなジョークを入れます。)

どうも有難う御座います。

これから唄います歌は、アイリーンという名前の若い娘のお話です。

このアイリーンという娘は、あまりお利口さんの女の子ではありませんでした。

何故って、すぐオレンジの木の下に行きたがるのですもの。

(何のために?)

お話ししますと、アイリーンは若い男の子と一緒にオレンジの木の下に行きたがるのですよ。

(ええ、何のために?)

私の立場を厄介なものにしないで下さいな。

(したいんだ)

今、説明しなくたって判るでしょう? どう?

(わかる、わかる)

アイリーンは、若い男の子といちゃつくため、オレンジの木の下に行きたがるという事なの。

(それは困る)

そこで、アイリーンのお母さんが、彼女の後をついて行って、こう言ったんです。

『アイリーン、村の人達みんながお前の噂をしていますよ。』

とにかく、ギリシャではこんな事を話したがるんですよ、そう、ゴシップと言うのです。

お母さんは言いました。『村の人達みんな、お前の事を噂しているのですよ。ずっとこんな事を続けるなら、あっと思った時には、もうお婆さんになってしまうよ。』

(上出来さ)

このギリシャの村のお母さんが言うように、≪母親にとっては可愛い娘の事となれば、それはそれは大事なこと≫なのです。

f:id:soundgallery:20140512124206j:plain

エリーナ EREENA (ERINI)

エリ・エリーニ・エリーニは誰でしょう

エリーニは あの木の影に居ます

最初は こっちの木の影で 今は 向こうの木の影です

ああ 木は 貴方のことを考えています

エリーニは 結婚を夢みながら

こっちの木や 向こうの木とキッスをしています

 

貴方は まだ若すぎます

貴方は 非常に若すぎます

恋をしたのは ローマに居る時です

急いではいけません ダメになってしまいますよ

誠の愛は いずれ貴方の処にやって来ますよ

何時か晴れた日に 貴方は愛を見付けるでしょう

お祈りをすれば 貴方は愛を見付けるでしょう

 

エリーニ 人生は歓びに満ちています

エリーニ 貴方の心を誰にも許してはいけませんよ

エリーニ 貴方を心より愛する人を見付けるまでは

 

エリーニ 何処に居るの

エリーニ 貴方はまた木の影に居ます

また木とお友達になっていますね

オレンジの木の影ですね

もし 貴方が 誰か新しい人と結婚しようとしているならば

貴方の考えは間違っていますよ

 

女の子は 決して男の子を追いかけないものです

するべきことは唯一つ

男の子達に 貴方のことを追いかけさせなさい

ずっと昔から 女の人は 必ず男の人を手に入れるものなのですよ

NANAのキュートでチャーミングな唄いっぷりで、男の子と遊んでいる村の娘と母親のやりとりが目に浮かんできます。ジ・アテニアンズをバックに、NANAの溌剌とした歌声を、お楽しみ下さい。