読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “リトル・ドラマー・ボーイ”

f:id:soundgallery:20141221123609j:plain

NANA MOUSKOURI “リトル・ドラマー・ボーイ”

写真上は、アルバム・タイトル≪CHRISTMAS WITH NANA MOUSKOURI≫PHILIPS 6444 575 1972 ENGLAND)の洋盤LPの表面、写真下はその裏面です。本LPは、NANAが要望に応えて1972年に発表したクリスマス・アルバムです。期待にたがわぬ素晴らしい出来栄えで、クリスマス・ソングの決定版と言えるLPです。日本にては、同様の邦盤LPが、ナナ・ムスクーリ クリスマス・アルバム≫(FONTANA SFX-5086 1973)として発売されています。

f:id:soundgallery:20141221123644j:plain

リトル・ドラマー・ボーイ

今回は、本LPに収められている≪リトル・ドラマー・ボーイ≫を紹介いたします。この曲は、K・デビスとH・オノレイティが作詞し、ハリー・シメオンが1958年に作曲した微笑ましい子供達のためのクリスマス・ソングです。
『新しくお生まれになった私達の王様に敬意を表すため、皆が贈り物を持って行きます。けれど、僕は貧しい少年、何もお贈りするものがないので、太鼓を一生懸命たたいて差し上げました。すると、王様はにっこり微笑んで下さいました。』
ナナ・ムスクーリと共演するのは、フランスの才人ミッシェル・ルグランのオーケストラとイル・ド・フランス児童合唱団です

リトル・ドラマー・ボーイ LITTLE DRUMMER BOY

パラパパンパン ラパパンパン
さあ 素晴らしい知らせだ
ラパパンパン
新たな王の誕生だ
パラパパンパン
僕らの一番の贈り物
パラパンパン
王様への贈り物
パラパパンパン
ラパパンパン ラパパンパン
祝福の品
パラパパンパン
何を捧げるべきか
パラパパンパン ラパパンパン


リトル・ベェビイ
パラパパンパン
僕は貧しい子供
パラパパンパン
贈り物はなにもないの
パラパパンパン
王様にふさわしい祝福の品
パラパパンパン
ラパパンパン ラパパンパン
せめて僕に出来る事は
パラパパンパン
太鼓を鳴らすだけ
ラパパンパン ラパパンパン


マリア様もうなずいた
パラパパンパン
夜を徹して
パラパパンパン
王様への贈り物
パラパパンパン
一生懸命打ち鳴らす
パラパパンパン
ラパパンパン ラパパンパン


そら 王様も微笑みかえす
パラパパンパン
僕と太鼓

NANAは、原曲の素朴な味を生かし情感を込めて演唱しております。一度聴いたら太鼓を打つ音(パラパパンパン・ラパパンパン)が耳に残り、数多いいクリスマス・ソングの中でも優れた唄に仕上がっております。
本年最後のブログとなりますが、来年も出来る限りナナ・ムスクーリに関する記事を書いていければと思っております。よろしくお願い致します。