読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “ランド・オブ・メーク・ビリーブ”

f:id:soundgallery:20150720125034j:plain

NANA MOUSKOURI
“ランド・オブ・メーク・ビリーブ(希望の国)”

写真上は、アルバム・タイトル≪愛のメッセージ/ナナ・ムスクーリPHILIPS FDX-317 1977≫の邦盤LPの表面で、写真下はその裏面です。このLPは、1976年にナナがオランダで録音したもので、彼女の従来のレパートリーの他にインターナショナルなヒット・ナンバーを含めて、全て英語歌詞で唄っております。このアルバムのプロデューサーはアンドレ・シャペル、伴奏オーケストラのアレンジと指揮は、才人アラン・ゴラゲールが担当し、効果的なバックが彼女の歌の魅力を一層引き立たせています。

f:id:soundgallery:20150720125058j:plain

ランド・オブ・メーク・ビリーブ(希望の国

今回は、本LPに収められている≪ランド・オブ・メーク・ビリーブ(希望の国)≫を紹介致します。この曲は、米国のジャズ演奏家で作曲家でもあるチャック・マンジョーネのオリジナルで、エスター・サッターフィールドが歌って、全米ヒット・パレードを飾りました。曲の途中にキューバのカーニバル舞曲コンビ調のリズムが刻まれ、ナナはスキャットを織り交ぜて、英語歌詞で唄います。

ランド・オブ・メーク・ビリーブ(希望の国) LAND OF MAKE BELIEVE

貴方の感性が 何も感じないようになった時
この愛の世界とは 一体何かしらと思いつつ・・・・
私はそれに答える場所を知っています
そこでは誰も死ぬことは無く
誰も叫ぶことも無いのです
そして やさしい私の思いはいつも
貴方に届くのです


この真直ぐな道が 私は大好きです
“信じる国”へ続く道
全てのものが そこでは素晴らしいの
永遠に・・・・
子供達はいつも一緒に輪になって
“信じる国”へ行くのです
そして 空気は笑い声であふれています
何時になったら私はその道を行くのでしょう
“信じる国”へ続く道
そして 私達のこの世界を
もっと明るく出来るでしょう


貴方の感性が 疑い深くなった時
この愛の世界とは 一体何かと思いつつ・・・・
私はそれに答える場所を知っています
そこでは誰も死ぬことは無く
誰も叫ぶことも無いのです
そして やさしい私の思いはいつも
貴方に届くのです

NANA“信じる国”へ続く道(To the land of make believe)を、軽妙なリズムに乗って変化に富んだ演唱を繰り広げて私達に語りかけます。