読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “スカボロー・フェア”

f:id:soundgallery:20150928124028j:plain

NANA MOUSKOURI “スカボロー・フェア”

写真上は、アルバム・タイトル≪Over & Over NANA MOUSKOURI≫(FONTANA STL5511 885 551 MY 1969)の洋盤LPの表面、写真下はその裏面でジ・アテニアンズとの録音現場でのスナップ写真が掲載されています。本LPは1969年の録音ですが、当時彼女はカーネギー・ホールでのリサイタルが大成功を収め、オランピア劇場にも登場して、名実共に充実した時期にありました。このLPは、選曲もすぐれ、演唱も感銘深い名盤と言えます。日本でも、同様のLPがアルバム・タイトル≪OVER & OVER/NANA MOUSKOURI≫(FONTANA SFX-7354 1971?)として発売されました。(以前に、当ブログにて紹介いたしました。)
今回は、本LPに収められている≪スカボロー・フェア≫を紹介致します。

f:id:soundgallery:20150928124409j:plain

『スカボロー・フェア』について

“スカボロー・フェア”は、サイモンとガーファンクルのビック・ヒット・ナンバーとして良く知られた名曲ですが、もともとはスコットランドの民謡でした。1966年にアレンジ・ヴァージョンとして発表された作品で、1967年の映画≪卒業≫の主題曲の一つとして使われ、翌年リバイバル・ヒットしました。
スカボローは、中世の英国北東部ヨークシャー地方の北海沿岸の重要な交易拠点であり、そこでは8月から9月にかけて長期間の市が盛大に開かれていました。これがタイトル名となっているSCARBOROUGH FAIR(スカボローの市)である。
『スカボロー・フェアに行くのなら、そこに住んでいる人に伝えて欲しいの。私を忘れないで・・・。彼は昔、私の本当の恋人だったの・・・。』と愛しい人に愛の想いを伝えたい。

ナナはサイモンとガーファンクルの曲が大好きだそうです。この曲も、その想いが込められており、味わいの深い素朴な演唱を聞かせます。

スカボロー・フェア  SCARBOROUGH FAIR /CANTICLE

スカボロー・フェアに行くところなの?
パセリ セージ ローズマリーとタイム 
あそこに居る人のことを思い出すわ
昔 彼は私の本当の恋人だったわ


私のために 麻のシャツを作ってくれるよう
彼に伝えてちょうだい
パセリ セージ ローズマリーとタイム 
縫い目も無く 針も使わないなら
彼は 私の本当の恋人になれるわ


私達のために 1エイカーの土地を見付けてくれるよう
彼に伝えてちょうだい
パセリ セージ ローズマリーとタイム 
塩の水と 海辺の浜の間に土地を見付けてくれたら
彼は 私の本当の恋人になれるわ


皮の釜で 刈り取ってくれるよう
彼に伝えてちょうだい
パセリ セージ ローズマリーとタイム 
それをみんな束に集めてくれれば
彼は 私の本当の恋人になれるわ


スカボロー・フェアに行くところなの?
パセリ セージ ローズマリーとタイム 
あそこに居る人のことを思い出すわ
昔 彼は私の本当の恋人だったわ

去って行った恋人が、果たすことが出来ない事柄を、4種のハーブが秘めている象徴をもって事を成し遂げれば、真の恋人に戻ろうというメッセージ。
★パセリ:消化の促進、苦みの除去  ★セージ:忍耐、耐久力
ローズマリー:貞節、愛、思い出  ★タイム:勇気

 

ナナは、静かで豊かな自然を感じさせるメロディに乗って、原野を吹き抜ける風の様なさわやかなヴォーカルを奏でます。伴奏はクリスチャン・シュヴァリエの楽団です