読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “ソレイユ・ソレイユ”

f:id:soundgallery:20151109121539j:plain

NANA MOUSKOURI “ソレイユ・ソレイユ”

写真上は、アルバム・タイトル≪UNE VOIX≫(FONTANA 6399 007 1972 CANADA)の洋盤LPの表面、写真下は洋盤EP(FONTANA 6010 069 FRANCE)の表面で、A面は≪ソレイユ・ソレイユ≫、B面は≪虹の日々≫が収録されています。どちらの盤も歌詞は全てフランス語で、ますます円熟味を増したナナの演唱を楽しむ事が出来ます。今回は、本LP/EPに収められている≪ソレイユ・ソレイユ≫を紹介致します。

f:id:soundgallery:20151109121757j:plain

ソレイユ・ソレイユ

この曲は、「チピチピ天国」や「おかしなおかしな歌合戦」などのヒット曲で知られ、1972年に来日したスコットランド出身のポップ・グループであるミドル・オブ・ザ・ロード≪オー・ソレ・ソレ≫のフランス語版です。彼等のレコードは、1971年から1972年かけてフランスでもヒット・パレードにランクされました。
もともとは、フェルナンド・アブレックスが作曲したスペインの歌で、ナナはミッシェル・ジュールダンが書いたフランス語歌詞で、明るく爽やかに太陽に唄いかけます。ソレイユ(SOLEIL)とは、フランス語で≪太陽≫の事。

ソレイユ・ソレイユ SOLEIL SOLEIL

空がもっと明るくなったら
彼は手を差し伸べる
ある日 友達みたいに
彼はまた帰って来る
けれど もう私は歌い出す
貴方の為に
太陽・太陽 太陽・太陽 太陽・太陽・・・

 

来て 夜の終わりに
そうすれば 冬は行ってしまう
来て 雨から
喜びの火をつくって
待っているのは貴方だけ
眼を覚まして
太陽・太陽 太陽・太陽 太陽・太陽・・・

ナナが太陽に呼び掛ける唄声は、明るくさわやかで爽快です。編曲と伴奏指揮はアラン・ゴラゲールです。ソレイユ・ソレイユ!貴方は太陽!!