読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “海岸をゆけば”

Nana Mouskouri

f:id:soundgallery:20160201130622j:plain

NANA MOUSKOURI “海岸をゆけば” 

写真上は、アルバム・タイトルNANA MOUSKOURI ATHINA≫PHILIPS 818 111-1 1984 MADRID)の洋盤LPの表面で、写真下はその裏面でナナのメッセージが記載されています。円熟期に達したナナが、祖国ギリシャの歌を再び取り上げ、一つ一つの曲に心を込めて、見事な仕上がりのLPとなっております。日本にては、同様の邦盤LPが、≪私のアテネナナ・ムスクーリPHILIPS 28PP-5002 1984 フランス直輸入盤)として発売されています。ナナが愛するママに捧げたメッセージの内容については、以前の当方のブログを参照願います。

f:id:soundgallery:20160201130708j:plain

 海岸をゆけば

今回は、本LPに収められている≪海岸をゆけば≫を紹介致します。この曲は、名高いギリシャ民謡のひとつであるギリシャイオニア諸島ケファロニア島に伝わる民謡≪ギャロギャロ(浜辺沿えに/浜辺へおいでよ)≫が原曲で、明るいギリシャの空気感やおおらかな人間味が伝わって来るリズミカルで楽しいナンバーです。

≪海の上で、私の恋人が眠っている。波よ、どうか恋人を起こさないでおくれ。私達は海岸に沿って航海しながら、貴方の事を話していた。浜辺を行ったり来たりして、私の言葉を覚えてほしい。幸せな恋人達のために、海がワインで山が御馳走、そしてボートがワイングラスだったらいいのに・・。≫永田文夫氏の解説を引用

ナナ・ムスクーリは、1984(1983)年にこの曲をレコーディングしています。

海岸をゆけば YALO YALO    対訳;荒木英世

泡の中に 海の泡の中に

私の愛が 私の愛が眠っている

お願いだから波よ それを起こさないで

お願いだから波よ それを起こさないで

海辺に行って 貴方の事をずっと語ったよ

浜へ行き 浜に来れば

僕の言葉を 貴方は思い出すでしょう

浜に行き 浜に来れば

僕の言葉を 貴方は思い出すでしょう

 

海が 海がワインであれば

山々は 山々は酒の肴だろうか

船は 宴席で飲むワイングラスだろう

船は 宴席で飲むワイングラスだろう

海辺に行って 貴方の事をずっと語ったよ

浜へ行き 浜に来れば

僕の言葉を 貴方は思い出すでしょう

浜に行き 浜に来れば

僕の言葉を 貴方は思い出すでしょう

ナナが、その本領を余すところなく発揮した祖国ギリシャの曲です。ナナは、この曲をリズミカルに楽しい唄声で聞かせてくれます。一度聴いたら忘れられない曲の一つです。