読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “お城の階段で”

f:id:soundgallery:20151012122726j:plain

NANA MOUSKOURI “お城の階段で”

写真上は、アルバム・タイトル≪VIEILLES CHANSONS DE FRANCE / NANA MOUSKOURI≫(FONTANA 6499 631 1973 FRANCE)の洋盤LPの表面、写真中はLP見開き、写真下はその裏面で凝ったデザインが施されています。このLPには、フランスの古いシャンソンが集められております。外国の歌手であるナナがフランスの民謡に挑み、見事な成功を収めた記念すべきLPです。日本でも同様のLPがアルバム・タイトル≪桜んぼの実る頃/ナナ・ムスクーリ(FONTANA SFX-5094 1974)として発売されました。(以前に、当ブログにて紹介いたしました。)

f:id:soundgallery:20151012122812j:plain

f:id:soundgallery:20151012122857j:plain

お城の階段で

今回は、本LPに収められている≪お城の階段で≫を紹介致します。

この曲は、フランスの有名な民謡の一つで、イブ・モンタン、コラ・ヴォーケール、マリー・ラフォレのほか、多くの歌い手によって唄われております。美しい娘と靴屋との恋の話ですが、他にも数種のバージョンがあります。いかにも庶民の唄らしい、おおらかで陽気で、生命力のあふれた歌となっています。ベッドの描写などもありますが、ナナは伸び伸びと唄って、いかにも民謡らしい味を出しています。1972年の録音で、伴奏指揮とアレンジは、クリスチャン・シュバリエで、センスの良さと心暖まる演唱が光ります。

お城の階段で AUX MARCHES DU PALAIS

お城の中に お城の中に
とても綺麗な娘が居た 
とても綺麗な娘が居た
彼女はとても惚れっぽくて 
彼女はとても惚れっぽくて
けれども 誰を愛したらいいか解らない
けれども 誰を愛したらいいか解らない
そして好きになったのは 
そして好きになったのは
小さな靴屋だった 
小さな靴屋だった
靴をあわせに来た時 愛し合ったの
靴をあわせに来た時 愛し合ったの
そこで彼はこう聞いた 
そこで彼はこう聞いた
美しい人よ もし良かったら 
美しい人よ もし良かったら
一緒に 眠りましょうか 
一緒に 眠りましょうか
大きな四角のベッドの中で 
大きな四角のベッドの中で
白いシーツの敷いてある 
白いシーツの敷いてある
ベッドの四隅には 
ベッドの四隅には
ツルニチソウの花束を置いて 
ツルニチソウの花束を置いて
ベッドの真ん中には 
ベッドの真ん中には
深い小川が流れてる 
深い小川が流れてる
王様の馬がみんな揃って
王様の馬がみんな揃って
水を飲めるくらいの 
水を飲めるくらいの
そこで二人は眠るのね 
そこで二人は眠るのね
世界の終わりまで 世界の終わりまで

NANAの品の良い歌声が、軽快にやさしく、彼女ならではのソフトな表現で魅力を発揮しており、チャーミングなナンバーとなっています。