Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “LE PETIT BOSSU”

f:id:soundgallery:20191006125005j:plain

NANA MOUSKOURI “LE PETIT BOSSU”

写真は、アルバム・タイトルNANA MOUSKOURI “Quand tu chantes”≫PHILIPS 9101 093 1976 CANADA)の洋盤LPの表面です。このアルバムは、1976年の録音で、ヒット・パレードを賑わした曲だけでなく、<知られざる>名曲を厳選して取り上げております。ナナのさりげない素直なフィーリングの中に、彼女ならではのユニークな個性が発揮されています。日本にては、同様の邦盤LPが≪青空の恋人/ナナ・ムスクーリPHILIPS FDX-309 1977)として発売されています。

LE PETIT BOSSU

今回は、本LPに収められている≪LE PETIT BOSSU≫を紹介致します。この歌は、オーストリアの作曲家であるロベルト・シュトルツ(Robert Stolz)の曲に、ドイツの作詞家であるブルーノ・バルツ(Bruno Balz)が作詞したドイツの歌です。この歌に合わせクロード・ルメールがフランス語歌詞を書いたもので、心優しく美しい娘のお話が綴られております。ナナは、少女の心暖まる物語をしみじみと唄います。
尚、邦題名と対訳の一部に、差別的な表現と思われる箇所があるため、邦題名の方は省略させて頂きました。対訳の方は、歌の内容を把握するのに必要なため記載しております。

LE PETIT BOSSU

昔 遠く離れた村に
忘れることの出来ないほど優しい娘がいました
太陽も今だかつて
こんな美しい娘を見たことがないくらい
それは娘の結婚式の前の晩でした
その村に 一人の小さな男がやって来たのは
そして その男の背中を見て
人々はみんな笑いました


小さなせむし男 ここから去ってくれ
お金をやるから 夜のうちに去ってくれ
他の地へ旅立っておくれ
小さなせむし男は大変悲しんで
また来た道をひきかえしました
恥をかき 失望して・・・その時です 
美しい娘がやって来ました
村の人達をかきわけながら


彼女はその男にキスするために近づきました
彼女はその顔を見て分かったのです
それは婚約者の顔でした
せむしの背中も メーキャップも
彼だという証でしかなかったのです
男は彼女に“僕の未来の妻”と言いました
お前は僕の女王 いやそれ以上だ
お前の心は美しい
心の美しさは 体の美しさにずっと勝るんだ

ナナは、アラン・ゴラゲール指揮の詩情ある伴奏に乗って、心優しい少女の彼に対する想いを余すところなく美しく表現します。

NANA MOUSKOURI “アーモンドの木”

f:id:soundgallery:20190922123018j:plain

NANA MOUSKOURI “アーモンドの木”

写真は、アルバム・タイトル≪私のアテネナナ・ムスクーリPHILIPS 28PP-5002 1984)の邦盤LPの表面です。このLPは、曲目の全てがギリシャ語で唄われているギリシャの曲であり、ギリシャが母国である彼女の歌の本質と醍醐味を、たっぷりと味合うことが出来るアルバムに仕上がっています。ベテラン歌手の域に達したナナが、初心に立ち戻って祖国の歌をとり上げました。

アーモンドの木

今回は、本LPに収められている≪アーモンドの木≫を紹介致します。この歌は、ギリシャの作曲家であるD.Lavangasの曲に、ギリシャの詩人であるG.Drossinisが歌詞を書いたギリシャの曲です。題名の<アーモンドの木>は、アンズ、モモやウメの仲間で、アーモンドの花は桃の花にそっくりだそうです。ナナは、アーモンドの木にまつわる微笑ましい情景を描いたドロッシニスの世界を、エキゾティシズム漂うギリシャのメロディーに乗って唄います。

アーモンドの木 I AMYGDALIA

彼女は揺する アーモンドの木
彼女は揺する アーモンドの木
その小さな手で 満開のアーモンドの木を揺すった
肩には花びらで一杯
髪にも花びらで一杯


可笑しかったヨ 花まみれの彼女
可笑しかったヨ 花まみれの彼女
優しく語り掛けたヨ 僕は
体についた花びらを手で払って
キスをしちゃったヨ


間違ってるヨ 頭に花を降らそうなんて
間違ってるヨ 頭に花を降らそうなんて
あせらないでおくれ
そのうち大雨の降る日が来るからね
あせらないでおくれ

ナナは、シンプルな味わいのあるバックのギター演奏に乗って、<アーモンドの木>で起こった幼い少女のお話を、ほのぼのとした雰囲気を醸し出して唄います。

NANA MOUSKOURI “夏と秋の恋”

f:id:soundgallery:20190908124234j:plain

NANA MOUSKOURI “夏と秋の恋”

写真は、アルバム・タイトルナナ・ムスクーリ/夢がある限り≫(FONTANA FDX-133 1975)の邦盤LPの表面です。このLPは、フランス語歌詞の曲を中心に、オリジナル・ナンバーのほか、国際色豊かにイギリス、アメリカ、ドイツ等の歌が取り上げられ、ナナの情感豊かに唄い上げる愛と夢が溢れるアルバムとなっております。

夏と秋の恋

今回は、本LPに収められている≪夏と秋の恋≫を紹介致します。この曲は、カナダのシンガー・ソングライターであるゴードン・ライトフットの1974年のビルボードNo.1ヒット曲(SUNDOWN;サンダウン)です。この曲に合わせて、クロード・ルメール、ピエール・ドラノエがフランス語歌詞を書いたもので、乙女の恋心が唄われています。ナナは、<貴方への愛>の様々な切ない想いを唄います。

夏と秋の恋 L’AMOUR C’EST COMME L’ETE

貴方が私の傍で眠り
私の腕から抜け出して
夢の中に現れる時
まどろみは 気持ちの良いもののはずでした
愛 それは繰り返しのようなもの
貴方は今日 愛を歌ったかと思うと
明日になれば忘れてしまう
愛 それは大洋
美しい星の下の散歩
そして人はしょっちゅう 我を忘れます


貴方は干し草の中の
時計の針でしかなかったのです
そして私は貴方を見つけ出すと思っていました
何も見つけ出さない私
愛 それは鳥のようなもの
遥か彼方を旅して
上空から飛び降りる
愛 それは風のようなもの
どこまでも熱く どこまでも冷たく
いつもそれは変化します


私は気がつかないで
あまりにも長い間 眠りすぎていました
そして貴方の旅立ちの日に
やっと目が覚めました
愛 それはラテン語のように 訳のわからないもの
貴方は 愛は忘れられるものと思っています
でも また愛はよみがえります
愛 それはポーカーのようなもの
そしていつものように
駆け引きの下手な者が失うのです


明日になって
日が昇らなかったら
貴方は 私には存在していなかったことが
お判りになるでしょう そんなことはあり得ません
愛 それは子供のようなもの
貴方は 子供にすべてを与えても
彼は大きくなったら去って行きます
愛 それは夏のようなもの
そしていろいろと振り返るために
秋が必要なのです


愛 それは夏のようなもの
そしていろいろと振り返るために
秋が必要なのです 


愛 それは夏のようなもの
そしていろいろと振り返るために
秋が必要なのです・・・・

ナナは、アラン・ゴラゲール編曲・指揮の軽快な伴奏に乗って、<貴方への愛>に想いを巡らす乙女の恋心を、巧みなフィーリングで唄います。