Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

本年もよろしくお願い致します! WITH NANA MOUSKOURI

f:id:soundgallery:20180107132344j:plain

本年もよろしくお願い致します!
WITH NANA MOUSKOURI

2012.12.09にSound GalleryをOPENし、早や5年余が経過しました。
これまでにオーディオ機器やレコード・CDをお買い求め下さった皆様、
有難う御座います。
また、当方のつたないブログを見て頂いた皆様、有難う御座います。

本年も、どうぞよろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は、ナナ・ムスクーリの洋盤LPに添付されていたスナップ写真の一部です。

f:id:soundgallery:20180107132248j:plain

f:id:soundgallery:20180107132319j:plain



NANA MOUSKOURI “ホールをひいらぎで飾って”

f:id:soundgallery:20171217090330j:plain

NANA MOUSKOURI “ホールをひいらぎで飾って”

写真上は、アルバム・タイトル≪CHRISTMAS WITH NANA MOUSKOURI≫PHILIPS 6312 033 1980 CANAD)の洋盤LPの表面で、写真下はその裏面です。ナナ のクリスマス・アルバム発売の要望に応えて、1972年に録音されたLPの1980年再販盤です。ナナの清らかな美しい声と、情感のこもったフィーリングが、クリスマス・ソングにピッタリのアルバムです。日本にては、同様の邦盤LPがナナ・ムスクーリ クリスマス・アルバム≫(FONTANA SFX-5086 1973)として発売されています。

f:id:soundgallery:20171217090404j:plain

ホ-ルをひいらぎで飾って

今回は、本LPに収められている≪ホ-ルをひいらぎで飾って(ひいらぎかざろう)≫を紹介致します。この曲は、イギリスのウェールズ地方に伝えられ、アメリカでも広く愛唱されているクリスマス・ソングです。原曲は、ウェールズ地方の新年のカロル“Nos galan”です。クリスマスの飾り付けに使われるのはセイヨウヒイラギで、原題の“boughs of holly”は、“ひいらぎの枝”を意味し、ケルト人はセイヨウヒイラギを<死と再生のシンボル>としていたようです。ナナは、ホールにひいらぎを飾り、クリスマスを祝う喜びの歌を唄います。

ホールをひいらぎで飾って DECK THE HALL WITH BOUGHS OF HOLLY

ひいらぎ飾りて
ファ・ラ・ラ・ラ・
聖なるこの日に
ファ・ラ・ラ・ラ・
我が身をただし
ファ・ラ・ラ・ラ・
古きキャロルを歌わん
ファ・ラ・ラ・ラ・


聖火をかこみ
ファ・ラ・ラ・ラ・
琴かき鳴らし ともに歌わん
ファ・ラ・ラ・ラ・
ともに舞らん
ファ・ラ・ラ・ラ・
歓び語らん
ファ・ラ・ラ・ラ・


年は往き去ぎ
ファ・ラ・ラ・ラ・
ものみな
ファ・ラ・ラ・ラ・
歓びに歌い
ファ・ラ・ラ・ラ・
歓びに生きん
ファ・ラ・ラ・ラ・

ナナはクリスチャン・シュバリエ楽団の伴奏に乗って、明るく楽しく軽快に伝統のクリスマス・ソングを唄います。ファ・ラ・ラ・ラ・・・と言う、はやし言葉が印象的なクリスマス・ソングです。

本年最後のブログとなりますが、来年も出来る限りナナ・ムスクーリに関する記事を書いていければと思っております。よろしくお願い致します。

NANA MOUSKOURI “耳の中のいんげん豆”

f:id:soundgallery:20171210173531j:plain

NANA MOUSKOURI “耳の中のいんげん豆”

写真上は、アルバム・タイトルNANA MOUSKOURI “DANS LE SOLEIL ET DANS LE VENT”≫(FONTANA 6399 014 1969 FRANCE)の洋盤LPの表面、写真下はその裏面です。このLPは、1969年に録音された曲で編集、全ての曲がフランス語歌詞にて構成されています。メロディーの美しい、すぐれた歌詞の唄が選曲されております。日本では、同様の邦盤LPが、≪NANA MOUSKOURI FIRST ALBAM≫(PHILIPS SFX-7226)として発売されています。

f:id:soundgallery:20171210173557j:plain

耳の中のいんげん豆

今回は、本LPに収められている≪耳の中のいんげん豆≫を紹介致します。この曲は、フランク・トマとジャン・ミッシェル・リバが作詞し、ジャン・ジャック・リデルが作曲した作品です。《耳の中にインゲン豆を入れた男の子と母親とのユーモアあふれる会話》が、楽しくつづれられています。

耳の中のいんげん豆 UN N’HARICOT DANS L’OREILLE

《耳の中に インゲン豆が入っちゃった
ああ なんて大きいんだろ
ママ ちょっとボクの耳を見てよ
インゲン豆が入ってるんだ》
《ねっ!》あら ほんとだ
《えっ?》ああ 大丈夫よ坊や
《ねっ!》おや この大きいのは何?
《えっ? ボクのインゲン豆じゃないか》


《ママ ママも耳のなかに
両方とも インゲン豆を入れてるんじゃないの》
もっと大きい声で 言ってちょうだい
インゲン豆なら あるわよ
《ねっ!》あら ほんとうだ
《えっ?》ああ 大丈夫よ坊や
《ねっ!》おや この大きいのは何?
《えっ? ボクのインゲン豆じゃないか》


指を 耳に突っ込んではダメよ
大きすぎるからね
《耳のなかにあるのは 指じゃないよ
インゲン豆だってば》
《ねっ!》あら ほんとうだ
《えっ?》ああ 大丈夫よ坊や
《ねっ!》おや この大きいのは何?
《えっ? ボクのインゲン豆じゃないか》


坊や 洗面所へ行って
耳を洗っといで
《ママ ボクの耳は洗えないよ
インゲン豆は 洗えるけど》
《ねっ!》あら ほんとうだ
《えっ?》ああ 大丈夫よ坊や
《ねっ!》おや この大きいのは何?
《えっ? ボクのインゲン豆じゃないか》


耳を よく洗ったわね
すっかり きれいになってるわ
《耳より きれいになったのがあるよ
それは ボクのインゲン豆さ》
《ねっ!》あら ほんとうだ
《えっ?》ああ 大丈夫よ坊や
《ねっ!》おや この大きいのは何?
《えっ? ボクのインゲン豆じゃないか》


ラララ・・・・・

クリスチャン・シュバリエの楽団による楽しい演奏をバックに、子供達と共に童心に戻ったナナの楽しい唄声を充分に味わうことが出来ます。