Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “エリノア・リグビー”

f:id:soundgallery:20180219122620j:plain

NANA MOUSKOURI “エリノア・リグビー”

写真上は、アルバム・タイトルNANA MOUSKOURI/NANA’S BOOK OF SONGS≫(FONTANA 9299 227 1974 ENGLAND)の洋盤LPの表面、写真下はその裏面です。本LPは、スタンダードな名曲を中心に、ナナが愛を込めてしみじみと唄い聞かせてくれる英語歌詞によるアルバムです。日本にては、同様の邦盤LPが≪谷間に三つの鐘が鳴る/ナナ・ムスクーリ(FONTANA SFX-6036 1975)として発売されています。

f:id:soundgallery:20180219122648j:plain

エリノア・リグビー

今回は、本LPに収められている≪エリノア・リグビー(エリナー・リグビー)≫を紹介致します。この曲は、ビートルズのメンバーであるジョン・レノンポール・マッカートニーが1966年に発表した作品です。エリノア・リグビーという身寄りのない老女と、誰からも相手にされないマッケンジー神父という淋しい人物達による悲しい物語を綴ったものです。この曲は、ビートルズのクラシック風の曲の中で、イエスタデイと共に評価が高く、様々なジャンルのアーティストからカヴァーされています。
後に、リヴァプールのセント・ピーターズ教会にあるウールトン共同墓地に、実在したエリノア・リグビーのお墓があることが判りましたが、歌詞の人物・内容とは無関係だそうです。また、リヴァプールのスタンリー通りにはベンチに座ったエリノア・リグビーの銅像が設置されています。

エリノア・リグビー ELEANOR RIGBY

ああ 全ての淋しい人達を御覧なさい
これは 全ての淋しい人達の物語・・・・


エリノア・リグビーは 
教会で米粒を拾う
その教会は 夢の中
そこで結婚式は行われた
窓辺で待つ彼女 
ドアの傍で 何かの衝動を抑えたような顔つきで
一体それは誰のため?
全ての淋しい人達
彼等は皆 何処から来るのでしょう?
全ての淋しい人達
彼等は皆 何処に居るのでしょう?


父マッケンジーは 
説教の文句を書いている
誰一人 聞きはしない 
誰一人 やって来はしない説教の・・・
見て御覧・・・・・・
誰一人 居ない夜 一人で靴下を繕っている彼の姿を
彼は一体 何を心配しているのでしょう
全ての淋しい人達
彼等皆 何処から来るのでしょう?
全ての淋しい人達
彼らは皆 何処に居るのでしょう?


エリノア・リグビーは 
教会で死に
彼女の名前と一緒に 埋められたけれど 
誰一人来なかった
父マッケンジーは 
手から泥をぬぐい落とし 墓から歩いて行く
そう 誰一人 救われはしなかった
全ての淋しい人達
彼らは皆 何処から来るのでしょう?
全ての淋しい人達
彼らは皆 何処に居るのでしょう?


ああ 全ての淋しい人達を御覧なさい
これは 全ての淋しい人達の物語・・・・

ナナは、この曲の難解なテーマである《孤独》を綴った≪淋しい人達の物語≫を、切々と訴えかけるように唄いきります。

NANA MOUSKOURI “明日に向って”

f:id:soundgallery:20180204194325j:plain

NANA MOUSKOURI “明日に向って”

写真上は、アルバム・タイトルNANA MOUSKOURI “RECITAL 70”≫(FONTANA 6399 021 1970 FRANCE)の洋盤LPの表面で、写真下はその裏面です。ナナは、1962年12月にジュルジュ・ブラッサンスの前座として初めてパリのオランピア劇場に進出しました。1967年10月には真打のスターとしてオランピア劇場に出演し、1969年1月と10月にもオランピア劇場のステージに立ち、3週間に亘って4万5千人の観客を動員しました。このLPは、1970年の同劇場でのリサイタル実況録音盤です。

f:id:soundgallery:20180204194345j:plain

明日に向かって

今回は、本LPに収められている≪明日に向かって≫を紹介致します。この曲は、ナナの恩師であるギリシャの作曲家であるマノス・ハジダキスの作品で、フランス語歌詞を歌手兼作詞家であるセルジュ・ラマが書きました。ナナは、<私達の愛は、どんなことがあっても壊されることはないわ。新しい生活を始めるのに、自由を得るのに、遅すぎることはないわ。さあ、明日に向って歩んで行きましょう。>と、恋する人に心を込めて語り掛けていきます。

明日に向って IL N’EST JAMAIS TROP TARD POUR VIVRE

二人で暮らす理由なんて もうないわ
お互いに地獄を 味わっているのよ
心を隔てる壁の向こうの仕合わせは
理屈では割り切れないものだもの
二人の愛はまだ 冬にも苦しみにもまして
厳しい寒気の季節に 打ち勝つことが出来るのだもの
新しい生活を始めるのに
遅すぎることはない
自由を得るのに 
遅すぎることはない


二人で暮らす理由なんて もうないわ
この砂漠 この冬から新しい喜びを引き出すのよ
星の壁のかなたの仕合わせが 言っているのだもの
これは貴方が 私を待つ島に続く道なのだと
帆に吹く風をはらんで 私達の愛がはためいている
そして私にも新しく 春の心がよみがえるのよ
新しい生活を始めるのに 
遅すぎることはない
自由を得るのに 
遅すぎることはない

ジ・アテニアンズの演奏をバックに、ナナは情感豊かな唄声を聴かせてくれます。ナナの明日に向って、やさしく力がこもった歌唱を聴く事が出来ます。遅すぎることはない!!

NANA MOUSKOURI “あなたを見つめて”

f:id:soundgallery:20180121154534j:plain

NANA MOUSKOURI “あなたを見つめて”

写真は、アルバム・タイトルNANA MOUSKOURI “Quand tu chantes”≫PHILIPS 9101 093 1976 CANADA)の洋盤LPの裏面です。このアルバムは、1976年の録音で、ナナのさりげない素直なフィーリングの中に、彼女ならではのユニークな個性が発揮されています。このアルバムには、ヒット・パレードを賑わした曲だけでなく、“知られざる名曲”も数多く紹介されております。日本にては、同様の邦盤LPが≪青空の恋人/ナナ・ムスクーリ≫(PHILIPS FDX-309 1977)として発売されています。

あなたを見つめて

今回は、本LPに収められている≪あなたを見つめて≫を紹介致します。この曲は、J・ザケールの作品で、ピエール・ドラノエがフランス語歌詞を書きました。ナナは、<私は、貴方を待っている。夢見ながら、眠りながら、踊りながら、そして歌いながら、その日が来るのを信じている。貴方が私を愛してくれる日を。貴方以外は、まるで興味が無いの。>と、力強い演唱で恋する人への一途な想いを語り掛けていきます。

あなたを見つめて  JE TE REGARDE

大きなお祭りの日の様に
大地からの贈り物の様に
偶像や 予言者の様に
光溢れる夜の様に 水や塩の様に
夏の柳の木の様に 虹に輝く炎の様に
親愛で交わすワインの様に
私は貴方を見つめ 待っている
夢見ながら 眠りながら
踊りながら そして歌いながら
私はその日が来るのを信じているの
貴方が私を愛してくれる日
貴方以外のことは 私はまるで興味が無いの


お金持ちと金貨の様に
貧乏人と施しの様に
小人と巨人の様に
そして王様とその王国の様に
心とその熱情の様に 漁師と川の様に
気違いと幸せの様に 外国人と国境の様に
私は貴方を見つめ 待っている
夢見ながら 眠りながら
踊りながら そして歌いながら
私はその日が来るのを信じているの
貴方が私を愛してくれる日
貴方以外のことは 私はまるで興味がないの


ユダヤ人とイスラエルの様に
回教徒と東洋の様に
司祭とクリスマスの様に
老人と子供の様に 犬とその飼い主の様に
そして猫とその小屋の様に 女性とその若さ
水夫と水平線の様に
私は貴方を見つめ 待っている
夢見ながら 眠りながら
踊りながら そして歌いながら
私はその日が来るのを信じているの
貴方が私を愛してくれる日
貴方以外のことは 私はまるで興味が無いの


大きなお祭りの日の様に
大地からの贈り物の様に
偶像や 予言者の様に
光り溢れる夜の様に 水や塩の様に
夏の柳の木の様に 虹に輝く炎の様に
親愛で交わすワインの様に
ラ、ラ、ラ・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

ナナは、曲名のイメージとは違って、マーチ・テンポのメロディに乗って、力強い演唱を展開します。一味違った、ナナの心がこもった歌唱を聴くことが出来ます。