Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “シャンペンのグラスにたくして”

f:id:soundgallery:20190211122955j:plain

NANA MOUSKOURI “シャンペンのグラスにたくして”

写真上は、アルバム・タイトルNANA MOUSKOURI A PARIS≫PHILIPS FDX-453~4 1979)の邦盤LPの表面、写真下はLP見開きのスナップ写真です。このLPは、1978年10月、パリ・オランピア劇場でのステージの模様を収めたアルバムです。ナナの魅力が、ナマのステージそのままの雰囲気で伝わってきます。

f:id:soundgallery:20190211123102j:plain

シャンペンのグラスにたくして

今回は、本レコードに収められている≪シャンペンのグラスにたくして≫を紹介致します。この曲は、アラン・ゴラゲールが作曲したもので、セルジョ・ラマの作詞による作品です。グラスに満たされた色とりどりのシャンペンに映る、さんざめく人々との出会いや別れに潜む個々の哀歓を綴った一編です。ナナもシャンペン・グラスに託して、その思いを切々と唄います。

シャンペンのグラスにたくして DANS UNE COUPE DE CHAMPAGNE

シャンペンのグラスの中に
・・・あの夜はすっかり酔っていた
私はバラ色の空想が
思い出の中で 崩れるのを見ました
私がまだ少女だった頃の希望が
溶けるように 消えていくのを・・・
そして私は寛大になれず
私の現在と過去を 結びつけていました


私の人生は どんどん過ぎてゆく
愛の無いまま 生きてしまうのでしょうか?
私にはまるでこのゲームが判らない
沢山の女性が 幸せをつかむゲーム
彼女達 少し嘘をついているに違いないわ


シャンペンのグラスの中に
・・・不眠症をまぎらしていました
私は 私の人生の頂上と
奈落の底が 列を作って進むのを見ました
記憶とは 本当にいい加減
見方をすっかり変えて
人が実際に生きてきたのと
まるで違う話を聞くようです


私の人生は どんどん過ぎてゆく
愛の無いまま 生きてしまうのでしょうか?
私にはまるでこのゲームが判らない
沢山の女性が 幸せをつかむゲーム
彼女達 少し嘘をついているに違いないわ


シャンペンのグラスの中に
・・・六回満たし 六回空け
私は いつも忘れてばかりいた
色々な物を再び見ました
それから沢山の人の顔
嘘をついた人や 真実を言った人
私の人生は 肖像画の画廊の中の
旅でしかないでしょう


私の人生は どんどん過ぎてゆく
愛の無いまま 生きてしまうのでしょうか?
私にはまるでこのゲームが判らない
沢山の女性が 幸せをつかむゲーム
彼女達 少し嘘をついているに違いないわ


シャンペンのグラスで
私は表の顔を 裏に戻しました
そして判りました 人が得たものは 
決して失ったものにまさらないって

ナナはアラン・ゴラゲールの憂いのあるメロディーに乗って、シャンペン・グラスに託した悲しみと喜びを、情感たっぷりに訴えかけます。

NANA MOUSKOURI “休み時間”

f:id:soundgallery:20190127150518j:plain

NANA MOUSKOURI “休み時間”

写真上は、アルバム・タイトル≪愛のメッセージ≫PHILIPS FDX-317 1977)の邦盤LPの裏面で、彼女のレパートリー曲のほか、インターナショナルなナンバーを含めて全て英語歌詞で唄われているアルバムです。写真下は、アルバム・タイトル≪青空の恋人≫PHILIPS FDX-309 1977)の邦盤LPの裏面で、知られざる名曲の中からフランス語歌詞の曲をメインに集めたアルバムです。

f:id:soundgallery:20190127150615j:plain

休み時間

今回は、これらレコードに収められている≪休み時間≫を紹介致します。この曲の原曲は、米国のシンガー・ソングライターで、カントリー・ミュージックの第一人者として知られているドリー・パートンの作品で、曲名は<ラブ・イズ・ライク・ア・バタフライ Love Is Like a Butterfly>です。この曲は、題名の通り、恋を蝶々にたとえた明るい一編で、ナナも原語(英語)で唄っております。今回紹介するのは、この曲にクロード・ルメールがフランス語歌詞を付けた<休み時間 LA RECREATION>という歌で、子供達の休み時間の楽しい情景が描かれました。
写真上のアルバムには<ラブ・イズ・ライク・ア・バタフライ>が、写真下のアルバムには<休み時間>が収録されています。

休み時間 LA RECREATION

さぁ 休み時間! 
本や鉛筆はしまいましょう
おはじきやボールを出しましょうよ ついに休み時間!


物差しや筆箱は もうおしまい
ビリも一番も もうないわ
皆の真価が 分かる時
お巡りさんか 泥棒よ


いい点取ったって 関係無し
腕っぷしの強さが きめて
問題は9歳半の 大きな子が
敵に回った時なのよ


みんな もう一列で歩く必要ないわ
大人のように 好きな事をしましょうよ
これはまあ 復習かもよ
さぁ 休み時間!


さぁ 休み時間! 
本や鉛筆はしまいましょう
おはじきやボールを出しましょうよ ついに休み時間!


女の子は 石蹴りの線をひくの
下が大地で 上が空
舗道を 押しながらやるのは
それだけで もう大変


バニラを持った 娘達は
可愛いというより とてもおしゃま
チョコレートを持った男の子達は
腕を少し膨らませているわ


みんなやりたいことを やっている
みんな習わなかったことを やっている
これが空想の世界の始まりよ
さぁ 休み時間!


さぁ 休み時間! 
本や鉛筆はしまいましょう
おはじきやボールを出しましょうよ ついに休み時間!


そして 使い古したオモチャのような子供時代は 
そのうち何時か 
大きな風船のように 割れてしまうの
休み時間に・・・
大きな風船のように 割れてしまうの
休み時間に・・・

ナナは、カントリー・スタイルの軽快な曲調に乗って、休み時間の子供達の楽しい様子を軽やかに生き生きと唄います。

NANA MOUSKOURI “アテネの恋唄”

f:id:soundgallery:20190114130301j:plain

NANA MOUSKOURI “アテネの恋唄”

写真上は、ナナが日本デビューした記念すべきアルバムアテネの恋唄≫(LONDON LED-240 1962 U.S.A収録)の邦盤EPの表面です。写真中は、アルバムナポリに帰りて≫(FONTANA FON-1007)の邦盤EP表面、写真下は、アルバムアテネの白いばら≫(FONTANA FON-1018)の邦盤EPの表面です。ナナの日本デビューの頃の経過は、以下にまとめています。

f:id:soundgallery:20190114130434j:plain

アテネの恋唄

今回は、ナナの日本デビューの頃のこれらレコードの中からアテネの恋唄≫を紹介致します。この曲は、ナナの恩師であるマノス・ハジダキスの作品です。英語歌詞は、ノーマン・ニューウェルで、恋人に別れを告げる女性の気持ちを、切々と唄います。
この曲は、1961年にベルリン映画祭に出品されたギリシャの観光記録映画<Dreamland of Desire 希望の夢の国/憧れの夢の国>のサウンド・トラックのなかの1曲とされていますが、日本未公開のため未確認です。日本では、岩谷時子の訳詩でザ・ピーナッツが歌っています。

尚、アテネの恋唄≫と表記されているEP盤に収録されている曲は、どうゆう訳か≪ATHINA 私のアテネ(作曲:マノス・ハジダキス、作詞:ニコス・ガチョス)です。曲名のサブ・タイトルも[The Song of Athens]と表記されており、サウンド・トラックで使用された曲と曲名に混乱があったものと思われます。

f:id:soundgallery:20190114130540j:plain

ナナ・ムスクーリの日本デビューの頃の経過>

1962年、《A面:アテネの恋唄、B面:年月の歌》がロンドン・レコードにて録音され、日本ではキング・レコードを介して発売された。ナナの記念すべき日本デビュー盤となる。
その後すぐに、フォンタナ・レコードより≪A面:ナポリに帰りて、B面:山は呼んでいる≫が、フォンタナ・レコード第二弾シングルとして《A面:アテネの白いばら、B面:アディオ》が順次発売された。B面に収録されている<アディオ>は、アテネの恋唄》のドイツ語歌詞(ドイツ語タイトル;Ebbe und Flut)によるものです。
ナナの日本デビューでは、ヒット・パレードを賑わせるようなヒット曲を出すことはありませんでした。その後の地道な活動により、ヒット・ソング歌手というよりはアルバム歌手としての評価が次第に高まっていきました。

アテネの恋唄 ADIOS, MY LOVE(The Song of Athens)

アディオス 私の愛
私は いつも誠実でいたい
私には 貴方が居なくて寂しい
貴方は分かっているはず
私は 永遠に待っています
貴方のために 私の愛をいつまでも


私に 貴方をもたらした潮のうねり
海を歩き回って 貴方を取り戻したい
私は一人 海岸で待つ
私の愛が 永遠に貴方のものであることを知るでしょう
時が始まって以来 男は放浪するもの
女は 彼を家に向い入れるのを待つべきもの
しかし貴方はいつも不在
私は 言葉で言い尽くせないほど 貴方を愛しています


アディオス 私の愛
私は いつも誠実でいたい
私には 貴方が居なくて寂しい
貴方は分かっているはず
私は 永遠に待っています
貴方のために 私の愛をいつまでも


私に 貴方をもたらした潮のうねり
海を歩き回って 貴方を取り戻したい
私は一人 海岸で待つ
私の愛が 永遠に貴方のものであることを知るでしょう


アディオス 私の愛
私は いつも誠実でいたい
アディオス 私の愛
アディオス 私の愛

ナナは、ギリシャの匂いがするメロディーに乗って、彼への一途な想いを≪アディオス 私の愛≫と繰り返し唄い上げます。アディオスは、スペイン語≪さよなら≫を意味する言葉ですが、あまり日常的に使われる言葉ではなく、もう会えないような長い別れの時に使われる言葉だそうです。