読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “明日に架ける橋”

f:id:soundgallery:20150302150754j:plain

NANA MOUSKOURI “明日に架ける橋”

写真上は、アルバム・タイトル≪THE DELIGHTFUL NANA MOUSKOURI≫(FONTANA 6499 255 1973 Australia) の洋盤LPの表面、写真下はその裏面です。ナナの初期のヒット曲の数々が収められています。LPの説明記事には、≪彼女は、抒情詩を完璧に理解した上で、独自の素晴らしい感覚でもって感情に訴えて唄うことが出来る歌手である。≫と紹介されています。

f:id:soundgallery:20150302150820j:plain

明日に架ける橋

今回は、本LPに収められている≪明日に架ける橋≫を紹介いたします。この曲は、ポール・サイモンが1969年に作った讃美歌を思わせるような愛の唄で、サイモンとガーファンクルの大ヒットとなり、1970年度のグラミー賞を獲得した名曲です。≪友も無く貴方が1人淋しい時、貴方の瞳に涙があふれる時、私がふいてあげましょう。君のために、明日に架ける橋のように・・・≫孤独で精神的飢餓感に襲われている若者達に、手を差しのべたサイモンとガーファンクルの想いが伝わります。

この曲は、様々なアーティストが挑戦していますが、ナナ・ムスクーリの演唱は、実力派シンガーとしての面目躍如たるものがあります。

明日に架ける橋 BRIDGE OVER TROUBLED WATER

君が疲れて ちっぽけな心になって
泣きたい気持ちになった時には
僕は その涙を乾かしてあげよう
僕は君の味方
つらくて君を慰めてくれる友達が見つからない時には
明日に架ける橋のように
僕は身を横たえよう 君のために
明日に架ける橋のように
僕は身を横たえよう 君のために


君がすっかり落ちぶれて
街に放り出され
つらい夕暮れを迎える時には
僕は君を慰めてあげよう
君の苦しみを救ってあげよう
暗闇が迫り
苦しみがあたり一面にたちこめたら
明日に架ける橋のように
僕は身を横たえよう 君のために
明日に架ける橋のように
僕は身を横たえよう 君のために


さあ出発だ 銀色に輝く君よ 船出の時だ
君の輝く時がやってきたんだ
君の夢がかなえられるところまできているんだ
ごらん どんなにそれらが輝いていることか
ああ 君がもし友達が欲しいなら
僕が君のすぐ後ろについていってあげる
明日に架ける橋のように
僕は君の心を楽にしてあげよう
明日に架ける橋のように
僕は君の心を楽にしてあげよう
ああ・・・・・・・・

NANAは、唄い出しから徐々に声量を増していき、後半には堂々たる名唱を展開します。優しく、暖かさにあふれた力強いヴォーカルをお聴き下さい。伴奏はピーター・ナイトの楽団です。