読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “とねりこの林”

Nana Mouskouri

f:id:soundgallery:20170219175830j:plain

NANA MOUSKOURI “とねりこの林”

写真上は、アルバム・タイトル≪SONGS OF THE BRITISH ISLES≫PHILIPS 9101 024 1976 ENGLAND)の洋盤LPの裏面です。このLPは、イギリス民謡の名唱集で、イギリス各地の田園(ウェールズイングランドアイルランドスコットランド)に伝わる代表的な民謡が収められています。写真下は、アルバム・タイトルアヴェ・マリア~母と子のアリア≫PHILIPS 28PP-136 1987)の邦盤LPの裏面です。このLPは、イギリス、フランス、スペインの民謡と古くから伝わるクラシカル・アリアの名曲を集めたナナのベスト・アルバムとなっております。

f:id:soundgallery:20170219180031j:plain

とねりこの林/とねりこの木立

今回は、これらLPに収められている≪とねりこの林/とねりこの木立≫を紹介致します。この曲は、ウェールズ地方の代表的な民謡で、いろいろな歌詞で歌われておりますが、一番多く歌われるのは、伝説民話のバラードで、とねりこの林にて悲劇の恋をしたお姫様の悲しい思い出の物語です。とねりこの葉の優しいささやきが、悲しい思い出を語り掛けてくれます。ナナは、オーウィッグ・ジョーンズの英語歌詞で唄います。

タイトル名の≪とねりこ≫は、セイヨウトリネコという落葉樹で、ヨーロッパ全般に自生しており、大きいものになると樹高20~35m、直径2mにも達します。なお、≪とねりこ≫の和名は≪トネリコ≫で、この木の樹皮に付着するイボタロウムシが分泌する蝋物質を、敷居の溝に蝋を塗って滑りを良くすることから「戸に塗る木(トニヌルキ)」とされたものが転じて「トネリコ」となったと言われています。

とねりこの林  THE ASH GROVE “LLWYN ON”

対訳:ドロシー・ブリトン

優美な とねりこの林に
ハープが鮮やかに 私にものを言う
こずえの日差しに
やさしい顔が 私を見つめ
おさな友達との 再会
静かにささやく 木の葉の下を
さまようほど 思い出がおきる
とねりこの林こそ 私の故郷よ


もう笑えない 心の気楽さも失い
なぐさめには 希望も夢もない
昔の楽しさを 考え込むよりしようがない
悲しんだ死者は ここに再び生きている
彼等は暗い隅々から 私に会いに来る
広い木の葉の 円頂※を仰ぐと
他の友達も 挨拶して下さる
とねりこの林こそ 私の故郷よ

円頂;ドーム状の樹冠の丸い頂きの意

ウェールズ地方のとねりこの林を散策すると聞こえてきます。この≪とねりこの葉のささやき≫を、ナナは丁寧に淡々とした味わいを醸し出して私達に語り掛けます。