読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Gallery ブログ

吉祥寺のオーディオ機器とNana Mouskouriのレコード・CD専門店ブログ。

NANA MOUSKOURI “ハートのクイーン”

Nana Mouskouri

f:id:soundgallery:20170305134022j:plain

NANA MOUSKOURI “ハートのクイーン”

写真上は、アルバム・タイトル≪ALONE/NANA MOUSKOURI≫(PHILIPS 28PP-104 1985)の邦盤LPの表面で、写真下はその裏面です。このLPは1985年の録音で、ヒット曲のほかにトラディショナル・ナンバーも幾つか収められております。ナナが50歳の坂にさしかかる頃の作品ですが、その歌声は衰えを見せず、円熟したフィーリングのヴォーカルを味わう事が出来ます。

f:id:soundgallery:20170305134135j:plain

ハートのクイーン

今回は、本LPに収められている≪ハートのクイーン≫を紹介致します。この曲は、トラディショナルなフォークソングのひとつで、採譜・編曲はジョン・サケルです。『今日ここに居るあの人は、明日にはもう行ってしまう。愛する人と別れたら、私はどうすればいいのでしょう。父も母も兄弟も愛しているけれど、みんなを捨てて、私は貴方と一緒に行きます。・・・』という愛の歌で、ナナは英語歌詞で唄います。

ハートのクイーン THE QUEEN OF HEARTS

ハートの女王様へ

悲しみのエースは

今日はここへ

明日は何処へ

 

若い男なら 沢山いても

恋人にするには わずかしかいない

もし 私の愛しい人が行ってしまえば

私はどうすればいいと言うの

 

私の聞いた話では

あそこの山の中には

金や銀が

数えきれない程あると言う

 

私には貴方の心が

読み切れない

私の目は

何も見えない

 

私は父を愛している

私は母を愛している

私は妹を愛している

私は弟を愛している

 

私は友人を愛している

そして 親戚もみんな

でも 私は全てを投げ捨てて

そして 貴方と一緒に行くわ

ジョゼ・スークのギターをフィーチャーした伴奏により、ナナはしみじみとした美しいヴォーカルで愛ゆえの家族と友との別離の歌を唄います。